インデラルの服用方法

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

インデラルジェネリックなら1錠22円~

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

インデラルの服用方法や、その持続時間についてご説明させていただきます。

 

まず、その薬、効果のおさらいから言っておきます。

 

インデラルはイギリスにある製薬会社、アストラゼネカが製造販売を行うβ遮断薬です。

 

狭心症の薬としても用いられているのですが、あがり症の方に効果的な医薬品となっています。

 

緊張や不安を感じた時に心拍数が上がってしまうのを抑える効果があります。

 

医療用医薬品扱いになる薬なので、薬局などでは売っていないため、病院以外での手に入れるには、個人輸入代行サイトを使って誰でも簡単に購入する事ができます。

 

効果としては、有効成分の塩酸プロプラノロールが働き、心拍数を正常に保ちます。

 

あがり症や緊張する事で起きる動悸を抑える作用があります。

 

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

緊張時の声の震えというのは、動悸が原因な場合が多いので、声の震えに悩んでる方は非常におすすめと言えます。

 

そしてインデラルの効果の持続時間に関して詳しくご説明させていただきます。

 

インデラルは服用後、だいたい1時間ほどで効き始めます。そしてその効果は約3時間~4時間ほど持続すると言われています。

 

作用している時間がそこまで長くないので、薬が体内に留まりにくいので、倦怠感が残りにくいのも使いやすいと言われています。

 

そしてそんなインデラルの服用方法についてご説明します。

 

面接や会議など、緊張する場面の約30分~1時間前に服用するのがよいとされています。

 

もちろん効き始める時間、効果時間には個人差があり、多少のバラつきはあるので、関係時に一度試しに飲んでみて、自分がどのくらいの時間で効き始めて、効果がどのくらい持つのかをしっかりと計算しておくのが良いと思います。

 

インデラルは10mgと40mgがあり、緊張緩和の目的であれば、使いたい場面で1時間くらいの前で10mgから40mgを服用します。

 

10mgでは効果が弱めになっていますので、ピルカッターなどで、カットして自分に合った分量を調整して使用してください。

 

ちなみに自分に合った分量に関しまして、用法用量を守って使えば何も問題はないですが、最初は少量からはじめて、効き目を確認しながら、少しずつ増量していくと自分に合った用量が見つけやすいのでおすすめです。

 

一日の摂取の限度の用量は120mgとされていますので、それを超える使用は禁止されています。

 

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

ちなみにその効き目は個人差があり、ネットの口コミ、レビューなどでは、10mgで効かない人もいたり、十分効いたという人もいたり、20mgでやっと効果を得られたり、さらに強い緊張する場面では50mgの量を服用するなどそれぞれに調整して使っているようです。

 

この分量を参考にしてみてもいいかもしれませんね。

 

ちなみにアルコールとの併用に関しては薬の働きに影響を与える可能性があるとされていますので、控えるようにしてください。

 

インデラル通販TOPへ