インデラルと精神安定剤の違い

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

インデラルジェネリックなら1錠22円~

インデラルと精神安定剤の違い

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

インデラルと精神安定剤の違いや併用について

 

あがり症の薬としてご紹介させてもらってます、このインデラルですが、心拍数を抑えて結果、精神的に安定させるという効果があると説明してきました。

 

それでは世間でよく耳にする精神安定剤(抗不安薬)とは何が違うの?

 

その精神安定剤との併用は?言われてみれば、一緒に使っても大丈夫なのか?と疑問に思われる方も多いかと思われますので、ご説明させていただきます。

 

インデラルと、一般的な抗不安薬はどちらも緊張する事への対策として同じく効果があります。

 

しかし緊張対策として有効である、抗不安薬、特に短時間型のベンゾジアゼピン系抗不安薬というのは個人輸入の規制がかかってしまい、通販での購入が難しくなり、入手方法としましては、病院での処方だけとなってしまい、個人輸入や通販、市販では購入できないという事が多くなってきました。

 

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

この二つの薬には効果や作用の仕組みに違いがあります。

 

簡単にいうと、まずインデラルはβ遮断薬と呼ばれていて、心臓に作用する事で心臓の心拍、動悸を抑えてくれます。

 

これが効果的な人というのは、緊張した時に過度の動悸が起こりやすく、緊張、不安感を強めてしまうような方には非常に効果のある薬となります。

 

そして精神安定剤、抗不安薬はその有効成分が。インデラルとは逆にリラックスさせるの使われる神経に作用する事で、不安感、緊張感を抑えるという効果があるのです。

 

不安、緊張を感じたときに使用すれば、その恐怖感を緩和させる事ができます。

 

要するに、噛み砕いて言ってしまえば、動と静の二つの神経があって、インデラルは動を抑える作用、精神安定剤は静を強める作用。の違いと思っていただければよいかもしれません。

 

このように緊張、不安の抑制という意味では同じ効果がありますが、作用の仕方に真逆の違いあると考えられます。

 

精神安定剤だと動悸を直接抑える効果はないですし、インデラルは不安を直接抑えるわけではないのです。

 

心臓の動悸に悩んでいる人、動悸による手足、声の震えで悩んでいる人に関してはインデラルが効果的ですし、インデラルを服用しても不安感が消えていない場合は精神安定剤を服用すれば不安感を抑えることも可能だという事になります。

 

ですから結論、併用は可能かという疑問に関しては、可能なのです。

 

インデラルで動悸抑制、精神安定剤で不安抑制という二つの効果でより効果的に併用が可能という事なんです。

 

実際インデラルを軸に、強い効果を求めるなら精神安定剤も追加して、どちらの薬も使っているという方が多いようです。

 

インデラル,ジェネリック,効果,副作用,即日通販,口コミ,購入,市販

 

ネットなど見ていると、インデラルの口コミなどであがり症、緊張の対策として精神安定剤も併用されているという書き込みが多いのも事実です。

 

もちろんご自身がどちらのパターンの緊張、不安を感じる方なのかを自覚する事で薬の用量、選び方も変わってくるので、把握する必要があります。医師などに相談してから決めるのでもよいでしょう。

 

ちなみに精神安定剤は依存性が高く、その催眠的な作用からの食欲増進により太ってしまった、などという声もよく耳にします。

 

そういう事でおそらく精神安定剤の規制が強くなり、患者さんはなるべくインデラルを軸に使用しているという方が増えているというのが現状なのかもしれませんね。

 

しかし併用可能とはいえ、どちらの場合にしてもその服用量に関しては、注意していただき飲みすぎというのはどんな薬に関しても良くない場合が多いので、飲みすぎないように気を付ける事が大事です。

 

そして服用後、異常を感じた場合はすぐに服用をやめるべきです。

 

そしてインデラルはどちらかと言えば心理面には直接的な効果はないです。

 

しかし薬を飲めば、動悸や震えを抑制する事で、それは安心感につながるのです。

 

その安心が得られる事によって、リラックスできるので緊張感は抑えられます。

 

その意味でもちろんインデラルは心理面にも効果があると言えるのです。

 

特に物理的な動悸や震えにはとても効果的なのです。そういう方は一度使用する事で効果が実感できるのでおすすめです。

 

インデラル通販TOPへ